ドライアイの予防と対策

普段、目は涙によって潤っており、外界の細菌や異物から保護されていますが、ドライアイになると涙の量が減少して目の表面が乾いてくるのです。

サイトトップ >

スポンサードリンク

ドライアイの予防と対策

ドライアイとは


現代人は、パソコンやテレビ、携帯、各種の操作画面なども含め、ディスプレイを見る時間が非常に多く、常に目を酷使する状況にあるといえます。

この目を酷使している時間が長いということは、当然ながら目の疲れや乾燥を引き起こす原因ともなっていて、その中でも通称ドライアイという症状は誰にでも起こりうるもので、既に日本でもその患者数は800万人ともいわれており、これ以外にもドライアイなのに自覚していない人も大勢いるようです。

普段、目は涙によって潤っており、外界の細菌や異物から保護されていますが、ドライアイになると涙の量が減少して目の表面が乾いてくるのです。その乾燥程度にも寄りますが、目が疲れたり痛んだりする状態がドライアイです。

軽い症状でのドライアイならまだ少々疲れを感じる程度で済むのですが、症状が進行すると角膜にまで傷がついて激しい痛みを伴ったり、炎症も出てきたりするので注意しなければなりません。

又、実力視力低下も問題です。実力視力低下とは、視力検査の結果では視力は落ちていないのですが、実際に物を見る視力低下が起こっている状態のことで、ディスプレイを見たり、自動車の運転中などは、まばたきの回数が極端に減ることで目がかすんだり視界がぼやけたりすることです。この回数が多いと症状そのものが進行してしまいます。


ドライアイの予防と対策

MENU



スポンサードリンク