ドライアイの予防と対策



ドライアイと頭痛

 

 

目が疲労したり乾いたりしてドライアイ症状となると頭痛になったり、頭痛がすると思ったらドライアイ症状の方もひどくなったりすることがあります。

 

実はドライアイが生じている目と頭痛を感じる頭とは深い関係があり、ドライアイ以外でもメガネの度数が合わなかったりコンタクトが合わない場合でも頭痛が起きることがあります。

 

ドライアイは涙の量が減少して目が乾燥する症状ですが、実際、ドライアイの症状が重いと頭痛の他にも吐き気やめまい、肩こりなども感じることがあります。

 

これは目の神経が集中している視神経の処理能力が、ドライアイのために低下していることが原因となっているようで、まずは、ドライアイだと感じたら目を休めることが大切で、それだけでも頭痛が改善できることが多いのです。

 

又、緊張性頭痛の場合もあり、これは、その名称の通りに緊張によっても発生する頭痛のことで、長時間の目の酷使などで目が疲労して乾くことで筋肉にも大きな負担がかかり、緊張を引き起こすことで起こる頭痛です。

 

これは事務所で長時間同じ姿勢でパソコンを使い続ける人などにはよく見られる症状で、現代人には避けられない環境ともいえます。仕事中は休めないかもしれませんが、休憩時間は極力、目をつぶる等して回復に努めることが大切で、通勤時の読書なども控えた方が賢明です。