ドライアイの予防と対策



漢方によるドライアイ改善

 

 

サプリメントによる改善とともに漢方による改善方法もあります。目は内蔵と深い関わりを持っていると漢方医学の世界では考えられており、そうした観点から、眼精疲労やドライアイに効く漢方が出されています。

 

目薬やメガネ、コンタクトレンズの調整と並行して、体の中からのドライアイ対策ということで試してみてはいかがでしょうか。

 

漢方の場合は食事に併せて気を使うことで更に効果があるとされています。食生活もドライアイには多分に影響しているので、その見直しと改善の一環として漢方を取り入れてみるのがいいでしょう。

 

まず漢方の代表としては葛根湯(かっこんとう)が挙げられるでしょう。これは誰もが名前を聞いたことがあるはずの代表的な漢方のひとつです。一般的には風邪の引き始めに効くとして広く利用されていますが、実は眼精疲労やドライアイにも効果があります。同時に肩こりや目のこりもほぐしてくれるので、目の充血を和らげてくれる点でも期待できます。

 

他では、枸杞子(くこし)や菊花(きくか)が入っている六味丸(ろくみがん)もドライアイに効くとされています。一般的には内蔵の肝が弱ったときに使われるものですが、漢方は身体全体のつながりなどを意識するので、こうした効能も謳われるのです。

 

ただし漢方を選ぶのは専門家に相談した方が良く、各人の体質やドライアイの症状などによって適切な漢方の種類を勧めてくれるはずです。